日々雑景
本や漫画や映画の感想に購入本のメモと雑記など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Under the Rose 8 (船戸明里)

4344829905Under the Rose (8) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)
船戸 明里
幻冬舎 2013-12-24





役者なら 揃っている
劇場なら ここにある
人生は舞台だ

(P208~209より引用)



何年待たされても新刊が出るたびに「やっぱり面白い!」とずっぽりはまってしまう魅力がありますね。
こんな重厚な人間ドラマは他の漫画では味わえないもんなー。刊行ペースがゆっくりなのも仕方がないよなぁ。
だけどこれが完結するまでおいらの寿命がもつかしら……とか思う。本気で(おい)。

カヴァーは眼鏡カップルですが、ほぼ一冊まるまるアーサー・ロウランド劇場の趣がありました8巻。
「冬の物語」の時点でアーサーの静かな狂気は既に描かれてしましたが、それがどのように芽生えて育っていったのかが語られるのがこの巻ということになるのでしょうね。
しかし、アーサーとアンナのすれ違いと云うか端っから噛み合ってないと云うか壊滅的な相性の悪さって云うか、互いの求めているものと与えられるものがあまりにも違い過ぎてどうにもならなくなっちゃうところとか。
読んでいるだけでつらくて痛くて悲しくてもうどうしようもなくやりきれなかったですよ。
ここまでどうにもならないくらいに歪んでしまっているとはなぁ……。
ローズの優しさとかモルゴースとリッケンバッカー夫人の交流とかおちびさんたちの愛くるさには心和みましたが、それがあるだけに余計に切ないよなー。
皆が正しく幸せになれる方法はなかったのだろうかとか考えましたが、それがなかったからアーサーはロウランドという寒々しい箱庭の中で「理想の家族」を造り上げるしかなかったんでしょうけどねぇ……。
将来的には破綻しか待っていないような夫婦関係はこの先どうなってしまうのか、レイチェルはアルとどうにかなっちゃうのか、そしてウィリアムはどうするのか?
と相変わらず気になることばっかりのまま続く、です。


次はまた二年後くらいとかかしら……。
いやもう、できるだけ早く続きが読みたいです……(切実に)。



スポンサーサイト
【2013/12/25 22:08】 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

あんだろスペシャル小冊子

これ応募したの確か去年の夏だったよね……とか遠い目になりつつもとても楽しく読みました。
ラフスケッチとか扉絵コレクションとか嬉しくてにまにましてしまいましたよ。
ディックくんやライナスくん(同室の金髪くんが出てきてくれて嬉しい)も勿論堪能しましたが、「あんだー ざ はにー ろーず」がやっぱり一番嬉しいです。
トーマス、エリオット、フィオナのロウランド末っ子三人組(語弊がありますが、自分の中ではそういう認識になってるので)とレイチェルの組み合わせって全然違和感ないのな! って云うかフィオナの懐きっぷりが愛しいぜ……。
P7とP8のウィルの台詞は本篇であったとしても絶対ああいう平和的な使われ方はしないんだろうなーとか思うけど、やっぱりちょっとした御褒美だよね! 読めて嬉しい!! 絶対あんな展開ないけどネ! もうパラレルでもなんでもめ眼鏡カップルのほのぼの展開が欲しいんだよ! おれは飢えてるんだよ!!


まあ、本篇あっての番外漫画ですけどね……。
巻末漫画読むと年末までに八巻出るって読者は期待していいんすかね船戸せんせい……。
ともあれ、一日でも早く続刊プリーズな気持ちが再びぼーぼー燃え上がってきたのでなるべく早く続きをお願い致しますですマジで!!



【2013/09/28 23:35】 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

進撃の巨人 11(諌山創)

406394901X進撃の巨人(11) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 2013-08-09




うっかり大人買いした後の11巻なのでほぼ4箇月が長かったなぁ。
だけどこう、久しぶりに続きがすっごく待ち遠しい漫画なもんで、待つのも楽しみのうちと云いますか。
って云うか、コンスタントに刊行されるんだと待つのも苦じゃないよね!(ドMな読者発言)


そして相変わらず作中の謎は複雑に絡み合っていて先がさっぱり読めないですね。
ユミルは「敵」に関して何か重要そうなことを知ってそうな素振りなんだけど、そのすべてをエレンに明かす気はなさそうだし、ベルトルトとライナーは結託してるのかと思いきや、ライナーはあんなんなっちゃってるし。なんかベルトルさん、ひょっとして結構大変な立場になっちゃってる?
そこに猿はどうからんでくるの? ねえねえ! って気になることばかりでございます。
そしてユミルの美人度がかなり上がっているように思えるんですが(アニメ効果かな?)、気のせいじゃないと信じたい!(笑)


部下に遠慮の欠片もなく禿頭をぺちりとやられてたり、重傷なのに精神的にはやたらガッツのあるハンジさんが素敵だったり、キリっとしたクリスタが恰好良かったり、コニーが凛々し過ぎてちょい戸惑ったり(笑)、と今回も名場面が多かったのですが、気落ちしまくっているミカサとアルミンに喝を入れるハンネスさんが素晴らしかった。早く昔みたいな日々が戻ってくるといいねぇ……としみじみ思いました。


そうそう、嘘予告の手の込み具合が非常にツボでした(笑)。
コニー……、あんたって子は、巨人兵団の中でもあんな扱いなの……(笑い涙)。


【2013/08/10 23:46】 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昭和元禄落語心中 4 (雲田はるこ)

4063806316昭和元禄落語心中(4) (昭和元禄落語心中 (4))
雲田 はるこ
講談社 2013-06-07





「俺ァ本当に弱い いつまでも人を許せない業の深ェ人間だ
本当はお前に八雲を渡すのだって 嫌なんだ…」

(同書 P70より引用)


八雲と助六篇もいよいよ佳境。
「八雲」と「助六」をめぐる過去の因縁が明かされて、そういうことだったのか!と色々なことが腑に落ちます。
巻末予告によれば次巻でまとまるようですね。楽しみなような、寂しいような。
でも久し振りに本篇で与太郎に会えるのは嬉しいです。
引用部分は七代目八雲師匠のお言葉。
芸に生きる人の想いや執着心は、凡人には思いもよらないくらい深くて強いものなのだなぁとしみじみしました。



まったく違った輝きを持つふたりの噺家、菊比古と助六。
強烈に惹かれ合ったと思えば、時には同じほどの勢いで反発するふたつの才能は、互いのほかの誰も必要としないのかと思わせられるくらいに緊密で色気がありますね。
うなだれる助六の背中に、寄り添うように縋るように、詰るように諭すように身を寄せる菊比古。
ふたりの姿は切なくもこよなく美しい一対なのだなと感じました。
「何をしてもいいよ けど落語だけは辞めるな」
「どうしたらいいのか わからねぇんだよ」
芸によって結ばれたふたりの関係の緊張感あるやりとりには本当にぞくぞくきました。
其の八ではこのふたりにある種の蜜月が訪れますが、ラストのみよ吉を見ると、話はまたややこしい方向に転がって行きそうな予感が満載です。
しっかし、小夏姐さん、ちっさい頃からタイプの全然違ったいい男を間近で見て育ってきたら、そこいら辺の男に目が向かなくなるよねえ……。しかも母親が反面教師になってたりするんだもの。そりゃ頑なにもなるよなぁ(笑)。
彼女が本気の恋に落ちたらどうなってしまうのか、とか考えるとどきどきしますねぇ!
つか師匠(八代目八雲)に対して幼い頃からの想いをずっと秘めて温めていたりなどすると萌えるな! 私が!!(鼻息)
そもそも姐さんファザコンだから歳上好きそうだし、しかも姐さん凄まじいツンデレじゃん……。つっけんどんな言動だけど、根は情が濃やかで優しいじゃん……。
そして姐さんなんかめんどくさそうな男の方が好きそうじゃん……。
彼女には幸せにあってもらいたいけど、どうなんでしょうねぇ。
与太郎が姐さんに相応しいほどのいい男に成長してくれるといいんですけどね。どうでしょうか。
でも駄目男に対して免疫アリアリだから、それはそれで上手く行きそうな気がしないでもない(笑)。


何にしても次巻がとっても楽しみです。
「事件」の真相を早く知りたい!



【2013/06/07 23:44】 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

進撃の巨人 (諫山 創)

進撃の巨人(10) (講談社コミックス)
進撃の巨人(10) (講談社コミックス)諫山 創

講談社 2013-04-09




アニメを観たら物凄く面白かったので原作をうっかり大人買いしました(笑)。
アニメのあのOPの恰好良さはちょっとどうかしている……(※絶賛)。
ちょっと待て、なんだあれ、マジでむっちゃくちゃ恰好良いんですけど!と仰天しましたとも。
そしてニコニコでOPリピートして中毒状態になって現在に至ります。
あまりにしゃぶり過ぎてしまって申し訳ないのでOPのCDも予約しました。
もっとも、あまぞんに頼んだからあてにはならないんだけどねえ……(半笑い)。


んで、アニメから入ったものだから原作の絵柄に馴染むのがちょっと時間がかかったのですが、読み慣れてしまえば全然気にならなくなります。
むしろこの物語にはこれしかないとすら思う。
ページをめくる手を止めさせない表現力がある陰翳に富んだ泥臭さ(褒めてますよ!)が非常に魅力的なので、枚数こなして技術が上がったら無敵なんじゃないか、この著者。
キャラクターたちは皆魅力的だし、彼らを取り巻く世界は謎に満ちているし、何度も何度も物語的に心地良い裏切りがあるし、毎回毎回続きが気になるところで終わってて引きが上手すぎて悶絶するしで、リアルタイムで連載追っかけてたら毎月毎月悶えてしまいそうです。
しっかし、登場人物たちの何か良いエピソードを見せられるとそれが全部死亡フラグに見えてしまうところがなんだかなあ……。
物語が完結するまでに104期生たちの何人が無事でいられるんだろうか……とか思うと、もう暗澹とした気分にしかなれないよねぇ……。
つか、10巻ラストのライナーとベルトルトのあれは一体どういうことなのー!!(悲鳴)


ともあれ、情容赦無く残酷ですが、物凄く面白い少年漫画であることは間違いないので、続きをすっごくすっごく楽しみにしております。
四箇月ごとにコンスタントに続きが読めるとか幸せだけどちょっとおっかないわ。







【2013/05/10 23:28】 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

姫のためなら死ねる 3 (くずしろ)

4812481716姫のためなら死ねる(3) (バンブーコミックスWINセレクト)
くずしろ
竹書房 2013-05-07





すちゃらか平安女子絵巻(すいません今テキトーに考えた)の第三巻。
今回は一条天皇登場!ですヨ。
ようやく後宮ものっぽくなるのかと思いきや、帝のなりが可愛らし過ぎてそういう雰囲気が微塵もありゃしねえ(※褒め言葉)。
つかむしろ、定子様のポジションが帝な感じ。
定子様の寵愛をガチでごっつり争う少納言と主上。
それってどうよ? いいの?そんなんでいいの? 本当に?
だけどそういうところが好きなので何も問題ありませんどうもありがとうございます!
ところで優雅な宮廷の遊びってイメージのあった蹴鞠がなんかトンデモスポーツになってたところが個人的には非常にツボでございました。
新キャラの冷静沈着な椿さんとかイケイケリア充ギャルの和泉式部も登場してきて、宮廷ライフはますます楽しそうですねー。


そうそう、巻末の少納言アンド式部漫画を読んでいて、源氏物語のびーえるがあるってことを初めて知りました☆
そうか……、あるのか……(呆然)。
そうだよねえ、あの世界割と何でもありだもんねぇ……(遠い目)。
光の君の役割分担についてちょっと気になってますが、素人が深入りしていい世界ではないっぽいからやめておくよ!(笑)って思いました、凄く。
そんな流れで(それはどうか)久し振りに源氏物語が読みたくなりましたので図書館で借りてこようかなー。




【2013/05/08 23:07】 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

レディ シノワズリ 2 (波津彬子)

レディ シノワズリ 2 (フラワーコミックス〔スペシャル〕)
レディ シノワズリ 2 (フラワーコミックス〔スペシャル〕)波津 彬子

小学館 2013-04-10





「わたしたちの知らないところにも 世界はあるのよ
そう思うのも悪くないでしょ」

(P184より引用)



波津先生のほぼ連続刊行の第2弾はミステリアスな貴婦人と骨董をめぐる物語の2冊目。


ヒューのキラキラ☆っぷりに拍車がかかっていたり、ガートルードの良い意味での野心家っぷりが健在だったり、リンジーのおっとりとした美人さん振りが相変わらずだったり、チャールズの騙されやすいお人好しさは、ああもう、この人たぶん一生こうなんだろうなぁ……と微笑ましくなるレベルで、登場人物たちのそれぞれに勝手な親近感を持ってしまいます。アデルの話が読めたのも嬉しかったです。
収録作品はどれもみな素敵な物語でしたが、超絶リアリストだと思っていたガートールードの乙女っぷりが炸裂する「ジェイムズ・ダフ・ダフの鳥籠」あたりは特ににやにやしながら読みました。
しっかり者な彼女にも「古い時計の鳥を直してくれるような人がいいのっ」って云えちゃう純情な部分があるんだよなー、んもーかわいいなーかわいーなーかわ(以下略)ってな感じに盛り上がりました。
この話でのチャールズの「無理に答えを出さなくてもいいじゃない」って台詞も好きだなあ。
主人公のウィリアムは勿論、皆それぞれが幸せを掴めてよかったです。
レディの謎に関しては霧の向こうのそのまた彼方に霞んで見えなくなっちゃった感じでしたが、余韻が残る素敵な終わり方だったと思います。
ウィリアムはきっといつか再びレディに会うのではないかと思ってます。
彼がレディを忘れないように、レディも彼のことを忘れないから。
そんな彼らのその後の物語は読み手がそれぞれ胸の中に思い描いていいかしら?とか思いつつ満足しながら本を閉じました。



【2013/04/15 23:08】 漫画 | トラックバック(0) | コメント(1) |

雨柳堂夢咄 其ノ十四 (波津彬子)

4022141174雨柳堂夢咄(14) (Nemuki+コミックス)
波津彬子
朝日新聞出版 2013-04-05




なんだかもうずいぶんとお久し振り過ぎて、前巻をちゃんと買ったのかどうかすら自信がなくなっているていたらくでございますが、単行本のページをめくれば雨柳堂のある風景にすっと馴染めるのが凄い。
完成された作品世界で遊べる心地良さってこういうことなんだろうなと思います。
収録作品は八篇。どれも安定の面白さなのですが、個人的には「天神さま」「一朝の夢」「野分」「夜咄」「立春来復」あたりがお気に入りです。
「天神さま」はなんと云ってもみっちゃんの魅力に完璧にノックダウンです。なにせ読後の感想がもう「みっちゃんかわいいよみっちゃん」で占められておりましたから。
世を忍ぶ仮の姿(?)の時はキュートなお茶目さんですが、本性での姿はむっちゃいけめんです。お使いもいけめん(笑)。うちにも来て欲しい!
「夜咄」の小梅さん、「立春来復」のお福さん(仮名)のふくふくっぷりも魅力的でした。

安定のクオリティを堪能できました。
次の巻も気長にお待ち申し上げますですハイ。


【2013/04/10 23:37】 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

もはや月記ですらなくなっている

日記はおろか週記でもありませぬ。隔月記じゃん……ハッハ!!(ヤケ)


この二箇月アタシ一体何やってたのカシラ……って思いましたが、なんもしてなかったから書くこと無かったんですよねぇ。
あ、盛岡にちょっと遊びに行ってみたりはしましたが、全然ゆっくりできなくて碌な観光ができませんでしたヨ!!


漫画読んだり本もちまちま読んだりしてますので感想もメモっておかなくては~。
読書メーターですらさぼってるよ! まったくもう……。


ちまちま続けていることと云えば、中国茶道楽でございます。
茶盤と急須を手に入れたのでおままごと感覚で毎日のように遊んでいます(笑)。


龍の仔

急須の前に居るのは茶玩。
中国茶の陶器の急須は釉薬がかかっていないのでお茶をかけて育ててあげるとつやっつやになるのですが、茶玩もそうやって育てるものだそうです。
要はお茶で遊べるフィギュアみたいなもんか(その喩えはどうなの)。
色々な形のものがありますが、うちに居るのは龍の子どもたちです。
左側の黒いのが三男、真ん中のが長男、右側のが次男。三兄弟ではなく、本来は五匹(頭)兄弟です。
四男五男はそのうちお迎えするつもりですヨ。

次男は饕餮(十二国記に出てくるアレ)だって説があるらしいのですが、お店の方ははっきりした答えを下さらなかったわ……(教えて下さったのはそのお店の常連さんっぽい方)。
まあ、可愛いからなんでもいいけどね。




【2013/04/09 22:52】 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

とんと御無沙汰過ぎて言葉も無い

前回更新したのが年末ですって!
と自分でびっくりしてますが、ブログもしばらく書かないでいるとほんとに書き方というものを忘れますねー。
ゲームやってて読書もさぼり気味だったので書くこともなくってなぁ……。
そうそう、がくとぅーんは正味十日ほどでクリアしました。
テンポもよかったし、後味もよかったし、ラヴ方面(えろ含む・笑)もよかったなぁ。
セールスも好調みたいでめでたい感じですよねー。
アンソロジーも楽しみです。
そういや、ようやく『灰燼のカルシェール』も入手できて読めました。
装丁すっげかっちょええ!
そして中身はやはり桜井節満載でした。メカメカしい部分もロマンス部分でもしっかり満腹☆
サントラはまだ聴いていませんが、これからじっくり堪能しますです。


読書は最近全然捗っておりませんが、ぎゃおでやってたアニメを観ながら(アニメオリジナルキャラの浅野くんのこととかすっかり忘れ果ててたわ……)十二国記を再読してみたりしてます。やっぱり面白いですね。
夏に出る新刊が楽しみですが、本編の続きではないんだよね。
李斎と高里くんの行く末はどうなっておるのでしょう……。



【2013/02/26 23:49】 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

BOOKS&TRAVEL

感想文更新状況
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

旅行記更新状況
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

BOOK LIST

SEARCH

ARCHIVES

  • 2013年12月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年02月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (3)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年10月 (3)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (3)
  • 2011年07月 (4)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年06月 (9)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (9)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (12)
  • 2009年12月 (2)
  • 2009年11月 (4)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (9)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (10)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (14)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (17)
  • 2009年02月 (18)
  • 2009年01月 (20)
  • 2008年12月 (31)
  • 2008年11月 (18)
  • 2008年10月 (19)
  • 2008年09月 (21)
  • 2008年08月 (18)
  • 2008年07月 (22)
  • 2008年06月 (21)
  • 2008年05月 (18)
  • 2008年04月 (25)
  • 2008年03月 (14)
  • 2008年02月 (20)
  • 2008年01月 (22)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (16)
  • 2007年10月 (23)
  • 2007年09月 (21)
  • 2007年08月 (26)
  • 2007年07月 (22)
  • 2007年06月 (17)
  • 2007年05月 (29)
  • 2007年04月 (25)
  • 2007年03月 (24)
  • 2007年02月 (28)
  • 2007年01月 (36)
  • 2006年12月 (34)
  • 2006年11月 (31)
  • 2006年10月 (36)
  • 2006年09月 (31)
  • 2006年08月 (32)
  • 2006年07月 (45)
  • 2006年06月 (53)
  • 2006年05月 (33)
  • 2006年04月 (57)
  • 2006年03月 (50)
  • 2006年02月 (32)
  • 2006年01月 (47)
  • 2005年12月 (42)
  • 2005年11月 (29)
  • 2005年10月 (29)
  • 2005年09月 (26)
  • 2005年08月 (39)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (43)
  • 2005年05月 (52)
  • 2005年04月 (48)
  • 2005年03月 (44)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (27)
  • 2004年12月 (28)
  • 2004年11月 (22)
  • 2004年10月 (16)
  • AFFILIATE

    【楽天市場】本・雑誌・コミック

    RECENT COMMENTS

  • トラ猫にゃ(04/28)
  • 羽鳥(07/27)
  • サジ(07/17)
  • 藍色(06/21)
  • 羽鳥(02/19)
  • WEATHER


    -天気予報コム- -FC2-

    SKY

    あわせて読みたい

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。